» 2015 » 10月のブログ記事

納車費用と忘れがちなポイント

| 未分類 |

車を買う際に意外と見落としがちなポイントとして納車費用があります。車を買う際、見積を取る方が多いと思いますが意外と高い諸経費に驚く方も多いようです。諸経費のうち、各種税金は値引きが全く出来ません。ただし、納車に関する費用については値引き交渉を行えます。納車にかかる費用として計上されるのが、ナンバー取得費、車庫証明取得費、ガソリン代、納車のための運搬費です。この内、ガソリン代と運搬費はディーラーで受け取れば形状されないことが多いです。他の費用に関しては値引き交渉が可能な部分です。特に各種値取得の手数料については数万円なので値引きとして頑張りたいところです。また、ガソリン代については値引きの本当の最後に満タンを条件にいれるのことがしやすいので忘れずに交渉したいところです。車を受け取るのはディーラーで行う場合が多いですが、自宅で受け取りたいという方もいます。その場合には積載車で運搬となりますが、1万円程度はかかることがあるので、この点も値引き交渉のしがいがあります。納車に関する費用はディーラーが外注する費用が多いので値引きを渋る場合も多いですが、数万円という低めの価格帯なので粘って見る価値はあります。CD・DVD

カーボンブラックがタイヤの色に影響する理由

| 未分類 |

タイヤの色といえば黒が定番です。定番、というより、黒以外の色を見かけたことがない、という人も多いのではないでしょうか。かつては白ばかりだった家電製品もカラフルになっている昨今、タイヤだってもっといろんな色があってもよさそうなものです。しかし、タイヤの色が黒であるのには理由があります。
タイヤの素材はゴムです。しかしゴムというのは本来乳白色をしています。タイヤの黒はゴムの色ではないのです。では、タイヤの黒い色の正体はいったい何なのでしょうか。
それは、カーボンブラックと呼ばれる炭素の粉です。タイヤの補強剤としてゴムに混ぜられているもので、実に材料全体の25%を占めています。もしもこの補強剤がないと、タイヤはすぐにボロボロになってしまいます。いわば消しゴムのような感じになってしまい、摩擦に耐えられずに崩れてしまうのです。この補強剤を使用することでゴムの強度が大幅にアップするということがわかったのは1912年のことですが、それ以来タイヤをはじめとして高い耐久性や耐摩耗性を要求されるゴム製品に使われるようになったのです。これに代わる耐久剤は、現在のところまだ発明されていません。そのため、黒以外のカラフルなタイヤを作ることができないのです。

カーカスが存在する理由とポイント

| 未分類 |

車のタイヤはゴムで出来ていると思われがちですが、実はゴムだけで出来ているわけではありません。
タイヤは、主に6つの構造になっています。

トレッドと呼ばれる部分は、路面と接触する部分で厚いゴム層になっています。
表面にはトレッドパターンが刻まれています。
サイドウォールは、側面のゴム部分のことで傷などに弱く、ブランド名やタイヤサイズなどが表示されていまうs。
タイヤをホイールに固定する部分でリング状の補強をしているのがビード、ビード内部にある鋼線の束がビードワイヤーです。
そして、カーカスはコードをゴム被覆した物でタイヤの骨格になる部分で、現在はラジアル構造になっていて、締め付ける部分をベルトと呼んでいます。

胴体と骨組の意味があり、自動車用タイヤの胴体部になり、合成ゴムの中にナイロン、ポリエステル、スチールなどの丈夫な降り布を混ぜ込んで作られています。
繊維の太さは1500デニールもあり、通常のストッキングは50デニールぐらいですが30倍にもなります。
現在は、ポリエステルなどの化学繊維が使用されていますが、発明される前は木綿糸が使われていて、この頃は強度を上げるために何枚も重ねていたので、発熱も起こりやすく耐久性能も現在のタイヤとは比較できない程劣っていました。

タイヤの骨格を形成するコード層の部分ですが、タイヤの受ける荷重や衝撃、充填空気圧に耐える役割があります。
また、タイヤの種類やサイズなどによってポリエステルやナイロン、レーヨンコードを使用します。テクノロジー01

 

 

 

タイヤが作る自動車移動構造

| 未分類 |

4つ以上のタイヤで構成される自動車の場合、一般的には前輪を操舵させてカーブを曲がりますが、この時前輪が回転運動に伴って描く円弧に比べて、後輪が描く円弧は半径が短くなります。よって、後輪は必ず前輪よりも内側を通ることになります。これがいわゆる内綸差というものです。ドライバーがカーブを曲がるためハンドルを切るとき、体感的に前輪の半径を基準にしてカーブを曲がってしまいやすいのですが、そうすると後輪はその内側を回ってしまうので、側溝などで予期せぬ脱輪を起こしたり、歩行者や自転車の巻き込み事故を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。
一方、駆動する車輪は、エンジンの駆動を左右に均一に伝えて同じ回転をさせた場合、カーブを曲がるときは外側と内側で車輪の進む距離が異なるので、スムーズに回ることができません。そこでカーブを曲がるときには、エンジンの駆動を左右別々の回転数で伝えなければいけません。それを行うのが差動歯車(デファレンスギア、略してデフギア)です。デフギアは前輪駆動車の場合は前輪に、後輪駆動車の場合は後輪に、四輪駆動車の場合は両方に取り付けられています。さらに四輪駆動車の場合は、前輪と後輪の回転差を調節するセンターデフも取り付けられています。

ベルトが成すタイヤの基本構造

| 未分類 |

クルマの重要なパーツの1つタイヤ、タイヤはゴムで出来ていますが、実は複数の構造になっていることをご存じない方が多いようです。タイヤはベルトと呼ばれる層の他にもいくつかの層で出来ており、タイヤの一番上の層である見える部分トレッドはタイヤのごく一部でしかありません。トレッドはさまざまなパターンを持っており、各タイヤメーカーで最適なパターンを提案しています。パターンは排水能力やグリップ力に影響しますが、ゴムの材質との関係もあるので決定的なパターンというのはないようです。トレッドの下にはカーカスと呼ばれるタイヤの構造を保つ部分があります。カーカスはポリエチレンやナイロンでできています。また、カーカスとトレッドの間の層はカーカスを締め付けタイヤの剛性を高める働きがあります。タイヤには夏用タイヤ冬用タイヤと分かれています。路面が凍結しない地域では利用されませんがスタッドレスタイヤは低音でもタイヤがしなやかであり、凍結路面でも走ることができるタイヤです。夏も履けますがグリップ力が落ち、ゴムのヘリが早くなります。また、スノータイヤと呼ばれる特殊なトレッドパターンをしたタイヤもありますが、一般的には利用されませんテクノロジー02

最近の投稿