» 2016 » 2月のブログ記事

医療保険金という補償内容とは?

| 未分類 |

搭乗者傷害保険というのは、契約をした自動車に搭乗していた人が、交通事故によって死傷した場合に、その損害に応じて保険金が支払われるという自動車保のことを指しています。搭乗者傷害保険で支払われる保険金としては、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金などのいくつかの種類があります。そのなかの医療保険金というのは、事故によって搭乗者がケガをしてしまった場合に、その治療にあてるために支払われる、もっとも基本となる保険金のことです。一般的な自動車保険であれば、治療費、入院費、通院のための交通費、診断書などの文書料といった、じっさいに医療関連にかかった費用が保険金として支払われるというのが原則となりますが、搭乗者傷害保険の場合には、かなり独自の方法で保険金の金額が決定されることになります。たとえば、頭や上肢、下肢、顔面などといったケガの部位と、骨折、打撲、内出血などのケガの症状ごとに、あらかじめ数万円から数十万円といった保険金の金額が決められており、事故が発生したときには、じっさいのケガにあわせて支払いが行われるのです。したがって、場合によっては実費相当よりも少なくなる可能性がないわけではありませんが、請求してから速やかに支払いをしてもらえるというメリットもあります。

後遺障害保険金という補償内容とは?

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に乗っている人が、自動車事故によって死亡、後遺障害または死亡という被害をこうむっててしまった場合について、あらかじめ決められた金額の保険金が受け取れるという自動車保険の一種です。ケガの場合であれば、通常は入院や通院の日数に応じて、またはケガをした身体の部位と症状に応じて、それぞれ一律の金額が決められていますので、その金額がすみやかに医療保険金として支払われ、当座の生活費や医療費などに充てることができるようになっています。これらの保険金は対人賠償保険、人身傷害保険などの他の保険金とは別に支払われるため、いざというときに備えた保険金の金額の上乗せ的な意味合いで加入することが多いようです。搭乗者傷害保険の医療保険金は、あくまでもケガそのものに注目した保険金といえますが、実際にはケガの治療が終わっても、身体に何らかの障害が残ってしまったということもありえます。そうした場合に支払われるのが、後遺障害保険金とよばれる保険金です。発生日からその日を含めて計算して180日以内に後遺障害が生じた場合というのが定義ですが、これに該当する場合には、状況に応じて保険金額の一部または全部が支払われるというものです。

死亡保険金という補償内容とは?

| 未分類 |

搭乗者傷害保険に加入しておくと、自動車事故で不幸にも搭乗者が亡くなってしまったり、ケガや後遺障害を負った場合、その人的損害に対して補償が実行されます。搭乗者とは、その自動車に乗っている人のすべてを指します。ですから運転手も搭乗者に該当しますし、運転者以外の同乗者も搭乗者に該当します。ただしその事故が運転手の故意によって引き起こされた場合や、運転手が正常な状態でなかった場合には適用されません。これに加入しておくことで支払われる賠償金にはいくつかの種類があるのですが、搭乗者が死亡した際に支払われるのが死亡保険金です。死亡保険金の補償内容としては、亡くなるまでの間に発生した治療関係費、そして亡くなった人に対する葬儀にかかった費用、更にその人が亡くなったことによって将来的に発生しうる収入の減少、いわゆる逸失利益などが挙げられます。また亡くなった人や、その遺族が負った精神的、肉体的負担に対する慰謝料も含まれます。ただし死亡保険金が支払われるのは、事故発生日を含め180日以内に搭乗者が亡くなった場合に限ります。医師によって身体障害の状態にあると診断され、既に後遺障害に対する賠償金などを受け取っていた人が、その後に亡くなった場合には、死亡保険金はその分を差し引いた金額が支払われます。

幅広く有意義な補償内容とは?

| 未分類 |

自動車保険の内、加入が個人の意思に任せられている任意保険は、補償内容が多岐にわたっているのが特徴です。そのため、自動車を運転するに際して発生しうる不安に対して、より幅広い備えを用意することができます。搭乗者傷害保険もそうした契約のひとつです。搭乗者とは、保険に加入している自動車に乗っている人すべてを意味しています。ですから運転手は勿論のこと、その同乗者も含まれています。そうした人たちに対する人的損害に対して補償してくれるのが、この搭乗者傷害保険です。しかし自動車保険には、人身傷害と呼ばれる保険もあります。これもやはり、運転手や同乗者に発生した人的損害をカバーする保険です。では、この保険は一緒なのではないかと思われる方もいるかもしれません。しかしこのふたつの間には、支払われる保険金の計算方法の違いが存在しています。人身傷害保険は、保険金額を上限とした実際の損害額、治療費は勿論のこと、休業中の収入減や精神的損害、更には後遺障害が発生した場合の逸失利益などの金額が、保険会社の基準によって算出され支払われます。対して搭乗者傷害保険は、入院、通院日数や後遺障害の程度に応じて、あらかじめ契約で決められている金額が支払われます。ですから搭乗者傷害保険は、人身傷害保険の上乗せをする補償であると解釈することができ、補償内容をより手厚く、有意義にしてくれるものだと言うことができます。

等級に影響しない補償内容とは?

| 未分類 |

自動車保険は自動車に関連した万が一の事故の際に損害を補償する保険です。非常に大きな事故をしてしまった際に個人では支えきることの出来ない大きな負担を支えてくれるのが保健の役割です。しかし一般的に保険を使用して保証を受けると、等級と呼ばれるものに影響を及ぼす仕組みになっています。そのため保険金の支払い請求を行うと等級が上がり、毎年の保険料が高くなる方向に補正される仕組みになっているのです。
その様な毎年の保険料に影響しない保険金の種類と言うものも存在しています。例えば飛び石によるフロントガラス等のひび割れの対応等は保険会社によっては等級を下げずに修理することが出来ます。他にも搭乗者傷害保険については例え保険金を請求したとしても等級の引き下げが行われることの無い仕組みになっているという特徴があります。そのため安心して保険請求を行うことが出来るのです。一般の自動車事故における物損等は等級が1~3引き下げられる仕組みになっていることが珍しくありません。そのため損害の額によっては自動車保険の請求を行わない方がメリットがあるというケースが発生します。一般的には軽微な事故が該当する傾向にあり、しっかりと検討して保険の申請を行うかどうかを決めるのが良いでしょう。

自賠責保険が支払い済でも補償される

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、交通事故が発生した際、運転手を含む搭乗者が負傷または死亡した場合、保険金が支払われる保険です。この保険は対人賠償保険とは性質が違うものとなっています。この搭乗者傷害保険は基本的に加害者から支払われる損害賠償金とは関係なく支払われます。加害者が自賠責保険を利用して、自賠責保険から保険料が支払い済みだったとしても、搭乗者傷害保険による補償は受けることが可能となっています。また、この搭乗者傷害保険金を請求したとしても、自動車保険の等級は下がりません。ですから、等級が下がることによる月々の保険金の変動を気にすることなく請求をすることが可能となっています。しかし、発生した事故全てに適用されるわけではありません。飲酒や薬物中毒によって起こった事故、無免許運転による事故などの場合では、この搭乗者傷害保険による保険金は支払われないことになっています。搭乗者傷害保険は、自動車保険に加入する際に付帯しなければなりません。もちろん、付帯によって月々の保険料負担が増額することになりますが、万が一の事故のことを考えると、その負担以上にメリットが発生しますので、是非とも付帯しておくべき保険であると言えます。

過失割合が100%でも保険金がおりる

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、保険に入っている車に乗った搭乗者が事故によりケガや死亡してしまった場合に補償してくれるもののことです。事故の過失割合に関係なく保険金を受け取ることができることがこの保険の特徴の一つです。搭乗者にはドライバーをはじめ、助手席や後部座席などに乗っているすべての人が含まれます。仮に自分に過失がなかった場合の事故でも搭乗者がケガや死亡した場合は補償の対象となります。加えて保険を請求しても等級が下がらないという特徴も持っています。請求した場合は比較的簡単に保険金が支払われると言われています。また、搭乗者傷害保険は自賠責保険や各種傷害保険、加害者からの損害賠償金などには関係せずに支払われます。そのため、相手側の保険で自分の治療費をまかなえる場合などに自分の保険を使わないという人もいますが、搭乗者傷害保険に加入している場合は積極的に請求することが推奨されています。
搭乗者傷害保険には二つの支払い方法があります。日数払いと部位症状別払いの二種類です。日数払いは入院や通院にかかった日数分の保険金が支払われる方法です。ここでカウントされる日数とは、平常の生活や業務に従事できる程度に回復できるまでの期間を指します。部位症状別払いは、あらかじめ部位や症状ごとに設定された金額が支払われるものです。事故や被害の大きさなどによって適した支払方法は異なるため、契約時によく確認しておくことが大切です。

死亡やケガを定額補償する特徴について

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に搭乗している人が、交通事故によって死亡またはケガをしてしまった場合について、一定の金額の保険金が支払われるというタイプの保険を指しています。この搭乗者傷害保険には、いくつか他のタイプの保険にはみられないような特徴があります。たとえば、ふつうであれば、交通事故の当事者の過失割合を決めた上で、契約者側の過失にあたる部分は保険金から差し引かれてしまうことになっていますが、この搭乗者傷害保険の場合には、過失割合にかかわらない定額補償となっていますので、あらかじめいくら支払われるのかがわかりやすくなっています。また、保険金を算定する方法についても独特で、ケガをした身体の部位や症状によって、保険金の金額も一律に決まっています。たとえば、部位が手首であって、症状がねんざの場合であれば、部位と症状を縦横の表にまとめたものから保険金の金額を読み取るというかたちになります。このように、搭乗者傷害保険は定額補償の原則が徹底されていて、きわめてシンプルに保険金の金額が決まるようになっていることから、その支払いについても、示談を待たなければ支払いがないふつうの保険とは違って、請求後迅速に支払われることになります。

搭乗者傷害保険に加入するメリットとは

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約車両に搭乗した人が交通事故によって怪我した場合に、保険金が支払われる保険です。その搭乗者傷害保険に加入することによって得られるメリットは、怪我の症状が確定した時点で支払われ、他の人身傷害保険や無保険車保険、相手方から損害賠償金などを受け取っても独立して保険金を受け取ることが出来ることです。

特に同じ様な種類の保険には人身傷害保険が存在しますが、その保険の内容は実損額が基準となりますので、それを怪我の治療が終了した時点まで待たなければなりません。搭乗者傷害保険では入通院日数が5日以上となった時点で、治療中であっても症状別に定額もしくは日数払いで10~100万円の保険金が支払われるとするものです。

そのため、搭乗者傷害保険の方が被害者にとっても早く保険金が支払われるメリットがあります。ちなみに4日以内の入通院であれば1万円の保険金が支払われます。

実際に加入して事故に遭遇した場合、保険金の支払われ方が事故発生日より180日以内に死亡すれば保険金全額が支払われ、180日以内に後遺症が生じれば後遺障害等級表を基に計算された保険金が支払われます。また医療保険金としては、保険会社によって日数払いか部位症状別のどちらかに分けられており、それに応じて保険金を受け取れる仕組みとなっています。

搭乗者傷害保険を契約しておく必要性について

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、自動車に搭乗している人が事故により傷害を負ったり、死亡した場合に支払われる保険のことを言います。その保障内容は、入通院日数や後遺症を負った場合に、その箇所や程度などによって決められた金額が支払われることとなり、短期間で支払いを可能とする保険です。

一方では、同じ様な保険を内容とする自動車保険には人身傷害保険もあります。人身傷害保険では保険金額を上限として実損害の額を算定し、それに応じて支払われる保険です。

このため治療費や仕事を休んで休業した分、精神的損害、逸失利益までの幅広い損害なども含めて補償される特徴があります。よって人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、場合によっては重複して補償を受ける形となるため、保険会社によっては人身傷害保険のみのケースも見られます。

仮に二つの保険が存在する場合には、人身傷害保険をより手厚く補償し、より上乗せされる保険が搭乗者傷害保険であると言う事が出来ます。人身傷害保険は当然、一緒に搭乗している人の怪我などに対しても補償してくれ、また搭乗者傷害保険は運転している本人に対しても補償を受けることが出来ます。

共に契約している自動車に乗っている人は全員補償される共通点もありますが、より手厚く迅速に補償を受けたい場合に適しているのが搭乗者傷害保険です。

最近の投稿