» 2016 » 3月のブログ記事

ホイールベース・トレッド・室内の確認の仕方

| 未分類 |

自動車などの乗り物にはスペックを明記した主要諸元というものがあります。
自動車を見ただけではわからない部分はとても多いのですが、この主要諸元によって自動車の性能が変わってくるので比較をするなど確認をするといいです。
まず自動車にはその形から大きさが記したものがあります。全長という自動車の長さ、全幅という自動車の幅、全高という高さがあります。
これで自動車の大きさを比較することができます。また全幅によってはナンバーの種類も変わってきます。幅が広いと3ナンバー扱いとなって税金なども変わってくるので確認が必要です。
他に確認するといいのはホイールベースです。これは前輪と後輪のタイヤの中心の距離を示したもので、長いと直セイン安定性があり、短いとカーブなどが曲がりやすいという特徴があります。
それと同じようにトレッドというのは前輪、後輪の左右の幅であり、幅が広いと安定した走りができます。
このようにホイールベースやトレッドで走行性能が変わってきます。
室内については室内高や長さ、幅でその広さを確認することができます。その数値が大きいと広い室内となりゆったりとします。
また主要諸元ではエンジンの排気量や型式、スペックも知ることができます。

自動車を購入する場合、当然、実際に目視で確認を行なって購入するのが一般的です。目で確認することで自動車の大きさを大体、把握することが出来ます。

ただその大きさの詳細を把握する上では、主要緒元表で寸法を計測されていることが重要となります。主要緒元表では、全長・全幅・全高・最低の地上高の項目が存在しています。

まず全長とは自動車の先端のフロントバンパーからリアルバンパーまでの長さで、後ろにスペアタイヤが付いている場合はそれを取り外した状態で計測します。最もそれが4700mm以内なら5ナンバーとなり、それを超える3ナンバーになる違いが生じます。

そして全幅とは、自動車のドアミラーを含まない横幅のことです。ここでも1700mm以内なら5ナンバーで、それを超えると3ナンバーとなります。

また全高とは自動車の高さのことで地面から自動車の屋根上部まで計測します。2000mm以内であれば5ナンバーで、それを超えると3ナンバーです。

このように全長・全幅・全高においては、5ナンバーと3ナンバーになるかの違いをもたらすため重要な要素にもなります。最後に最低地上高は、地面から車体の一番低いところに至るまでの高さを言います。

軽自動車では8cm以上、普通車では9cm以上、大型車では10cm以上と決まっており、車検を通過させるために必要となります。

主要緒元表/寸法を確認する重要性

| 未分類 |

クルマの性能を表す主要諸元表には車種ごとの特徴が書かれています。カタログ等ではクルマの性能を文章で表現していますが、数字の裏づけが書かれていない場合がほとんどです。クルマの購入前には主要諸元表によりその性能を確認しておくことが大切です。主要諸元表の最初の方に書かれているのがクルマの寸法です。車長・車幅・車高・回転半径といったデータは重要で、以前の型と見比べることで運転性能やユーティリティの違いを見分けることができます。運動性能においては車長や車幅が小さいほど小回りが利き、回転半径が小さいほど運転がしやすいといえます。それとは逆に車長や車幅が小さいと内部空間も狭くなり、ユーティリティに違いがあることが予想されます。クルマを街中の立体駐車場にとめる場合も寸法は重要な意味を持ちます。機械式立体駐車場のサイズ制限で最も多いのが車幅1850、車高1550程です。駐車場の種類により違いはありますが、大きな寸法のクルマを購入する場合には主要諸元表により外寸を確認しておくことが重要です。主要諸元表にはホイルベース長や最低地上高も書かれており、それぞれクルマの外観や悪路走破性などを知るための手がかりとなります。内部空間の正確な広さは客室内寸法として書かれています。

主要燃費向上対策と燃費性能

| 未分類 |

主要燃費向上対策とはエンジンの構造についての改善や負荷を減らすことなど、エンジンに関することで燃費を向上させようとするものです。クルマはエンジン以外でも燃費を向上させることができ、タイヤの性能や車体の重さ、及び、運転状況によっても燃費は変えることができます。その中にあってエンジンに関することで真正面から燃費対策をとろうとするのが主要燃費向上対策です。ガソリン車においては無段変速ギヤによりスムーズなエンジン回転の移行をはかり、直噴エンジンにより効率的な燃料消費を行うことなどさまざまな主要燃費向上対策がとられ燃費性能が向上してきました。近年、抜本的な主要燃費向上対策を行うために電気自動車やハイブリッド車の開発が進められ実用化しました。電気自動車は動力源をモーターのみにより行う方式で、ハイブリッド車はガソリンが燃料のエンジンと電気が動力のモーターの2つの動力源を持ち、走行状況に合わせて動力を組み合わせて運行する方式で、どちらも燃費を改善しようとする主要燃費向上対策の一つと言えます。クルマによる燃費向上対策を知るためには、車種ごとに表示されている車長・車幅・車高・車両重量等の主要諸元表の内容で確認することができます。

燃料消費率と走行距離

| 未分類 |

自動車の燃費はリットルごとの走行距離の数値を見ていくものであり、ガソリンでどれだけ進行できたのかという基本的な部分が大きく関与していきます。燃費に優れた車種は燃料消費率という数値も高いため、巷で流行っている軽自動車などは自然と人気を誇っていくような側面が出ていくのです。また燃費がよいという結果がガソリンの消費を低下させていくので、お財布にもやさしい方向性が生まれていきます。自動車には複雑なパーツが組み合わさっていますが、ライフスタイルの条件に合うような内容を見ながら冷静に選ぶようにする事柄が大切なのです。もし自分自身の目で確かめたいというならば、セルフタイプのガソリンスタンドで実際に確かめてみるような姿勢を検討していくことが重要となります。距離を稼ぐことができれば、自動車自体の燃費もよいという結果が見えるため、運転の回数が頻繁であるという場合は軽自動車の方を優先して選んでいくことが結果的には無難となるのです。
以上の事柄を冷静に振り返っていけば、納得のいく方向へ自然と進んでいくことができます。また燃料消費率はインターネットで掲載されているホームページからも計算が容易に可能となっています。

最小回転半径の選び方

| 未分類 |

小回りが利く条件を満たす最小回転半径は、ホイールのスペースやタイヤとの接合性が大きく関与していくものであります。最近は自動車のスペックに内容が記載されているため、前輪と後輪とのバランステクノロジー08を重視しながら選ぶことが推奨されています。それに加えここ数年の自動車の売り上げは圧倒的に軽自動車のタイプが支えているので、各メーカーごとに違いをはっきりとさせるような方向性が重要となります。そういったこともあり、自分自身で納得のいく結果を生み出すことができるようにする部分が大切な事柄となるのです。
以上の事柄より、最小回転半径に関しては切り返しの際にも無難な行動ができるということや小回りに優れているという内容が重視されるようになっていきます。ひと昔のデザインであれば、部品ごとの対応が違っている場合もあり得るので、メーカーが提示する内容について確認する部分が大事になるのです。
それから回転半径のよさは商用の自動車で大いに発揮されるケースが増えており、ハンドル操作を優先させるような内容においても前向きな兆しが出ていきます。ドライバーへの負担を軽減させることで、仕事の能率もより一層捗っていくような方向が出るのです。

車両重量はしっかりと

| 未分類 |

車を新しいものに乗り換えする時には、購入を予定している車の様々なスペックを良く確認するものです。
馬力や排気量、また内装のグレードや装備品など、チェックすることはたくさんありますが、その他に最近特に注目される項目の一つが燃費です。
最近の車は燃費性能が非常に向上しており、旧世代の同車種とくらべても格段に燃費の良い物が多く揃っています。
そこで、車を選ぶ際に、車検証に記載される主要諸元表を確認するのも有効な方法でテクノロジー07す。
同じグレードのカテゴリや、エンジンの排気量が同等のものでも、車両重量に違いがあることが多くあります。
これは駆動型式にも影響されることもありますが、単純に車両の重量が重くなると燃費が悪くなってしまいます。
また、同じ排気量であれば当然車両の重量が軽いほどより軽快に走行することが出来ますので、坂道を登坂するときなどに顕著に違いが現れてきます。
これ以外にもブレーキを踏んだ時の制動距離にも影響が出てくるため、車の好みやグレードだけでなく、こうした細かい数値にも着目すると良いでしょう。
購入を検討している車が複数あるときには、それぞれの主要諸元表を確認し、各項目ごとに比較してみるのも良い方法です。

車両型式と主要諸元表

| 未分類 |

車両型式というのは、車のコードネームであり同じ車でも型式によって分けられています。車両型式テクノロジー09は、車検証にも記載されており、グレードわけとは違った分け方がされています。通常、英数字とハイフン(-)で表されます。最も有名なところでは、マツダRX-7のFD3SとかFC3S(更に略してFD、FC)、日産スカイラインのBNR32やBCNR33(更に略して32、33)であり、スポーツカー乗りにとって車の名前で呼称するよりも型式で呼称する方がピンと来ることがあります。主要諸元表は、いわば車のプロフィールです。大きく分けて、車両型式、駆動方式、乗車定員、寸法、重量、エンジン、トランスミッション、走行装置(ステアリング、サスペンション、ブレーキ)のプロフィールが記載されており、ハイブリッド車の場合は更にモーター、動力用電池の諸元が記載されています。寸法に関しては、全長、全幅、全高の基本スペックに加え、ホイールベース長、トレッド長も記載されています。エンジンに関しては、排気量、最高出力、最大トルクといった基本スペックに加え、ボア×ストローク、圧縮比も記載されていますし、トランスミッションに関しては、減速比も記載されています。車を購入する際、グレードの違いによる寸法の違いやエンジン性能の違いをチェックするために有効であり、装備に関してはまた別の諸元表が用意されています。

主要緒元表/型式のチェックポイント

| 未分類 |

各メーカーから発表されている自動車に関しては、その主要諸元表というものが提示されています。同じ車種であっても型式によって違いが出ている部分になり、一般的な方が目にテクノロジー06する方法としては、各自動車のパンフレットなどにも掲載されていることが一般的です。主要諸元表の中には車名型式が表示されていて、普通は購入希望をしている型式と他のものを比べてチェックを行います。例えば全長や全幅、全高などは基本的な自動車の寸法として表示されていて、室内寸法も合わせて表示されています。ホイールベースやトレッド、最低地上高なども提示されていることが基本です。チェックしたい項目の中には車両重量や乗車定員などを挙げることもできます。車両重量は税金に関連する項目で、乗員に関しては家族構成などを見て適切な車種を選ぶ必要があります。燃費消費率なども重要な内容です。現在では高燃費を実現している車種が多く、チェックしたい内容です。駆動方式やサスペンション、ブレーキの種類なども記載されており、タイヤサイズなどもチェックしたい内容です。エンジンに対する諸元表なども存在しています。排気量や最高出力などをチェックすると、自動車のパワーを確認することができます。モデルによって違いがあり、目指している車種を主要諸元表から見つけ出すこともできます。

新車を選ぶときに確認しておきたいカタログ情報

| 未分類 |

テクノロジー05カタログ情報でよく確認しておきたいこととしては販売価格です。新車を購入する時には予算が決まっていることが殆どですので、どの程度の費用が必要になるのかを確認した方が良いでしょう。予算と照らし合わせてみることによって選択肢も絞り易くなりますし、経済状態にマッチした車を選べるはずです。
新車を購入する場合はオプションを付けることができますが、オプションを付けるとどの程度の金額になるのか知りたい時にはメーカーのホームページからシミュレーションをしてみるのが良いと言えます。実際の支払い金額を確認できますので、より購入イメージを膨らませ易くなります。
カタログ情報では装備類に関してよく確認することも大切です。車種やグレードによって装備は違っていますが、あると思っていた装備がないようなこともあります。よく確認しておかないと失敗することもありますので、希望する装備が用意されているのか、標準でなければオプションで装備できるのかなど、しっかりと確認をしておくと安心です。
駐車場所が限定されている時には大きさのチェックも欠かせないポイントです。駐車スペースが狭い場合、きちんとサイズを確認しておかないと停められなくなったり、乗り降りに苦労する羽目にもなり兼ねません。

最近の投稿