ABSってすごい!画期的技術

| 未分類 |

 そもそもABSというのは急ブレーキ時のタイヤロックを防ぐ装置の事です。
普通に運転しているのであれば、タイヤと路面の摩擦は一定以上にはしかならず、ハンドルを切る事で制御が可能なんですが、急ブレーキであったり凍結した路面などの場合摩擦が少ない一方で、ブレーキローターがタイヤの回転を止めるためタイヤがロックし制御不能の状態に陥る可能性があります。
それを防ぐために急ブレーキ時一気にブレーキを踏むのではなく繰り返しブレーキを踏み止まる、ポンピングブレーキを行う必要があるのですが、大半の人間はそのようなことは無理でタイヤをロックさせてしまいその結果大事故につながってしまいます。
そう言った事を防ぐためにポンピングブレーキを自動化させたのがこの装置です。
これにより、事故の際は取りあえずブレーキをべた踏みする事でハンドルで回避動作を取る事が可能となり、大事故につながる可能性が減りました。
また弱点として場合によっては制動距離が延びてしまうという事で嫌う人も居るのですが、昨今は電子制御により平常のプロやベテランドライバーが競争しても気を抜いたら負けてしまうというような制動距離を実現しています。つまり事故に遭遇した際などの緊急時においては、ごく一部の人間以外はこの装置に勝つ事が出来ないと言われています。

最近の投稿