バイパスバルブの種類とそれぞれの特長

| 未分類 |

道路や回路を迂回させたり、避けてつなぐことをバイパスと呼びます。自動車のターボチャージャーエンジン内で、気体や液体を迂回させた経路で制御することがありますが、それらを総称してバイパスバルブと呼んでいます。それらにはいくつか種類があります。ウェイストゲートバルブは排気ガスの一部分だけを別経路で流すことにより、タービンへの流入量を制御するバルブ機能です。分流しないで圧力を高め続けると、燃料噴射装置に制御が追いつかなくなり、エンジンがタービンブロー状態になります。それを避けるための制御装置で、スーパーチャージャエンジンには同系統のリリーフバルブが搭載されています。内燃機関内の圧縮された空気が、何かのはずみで逆流することがあります。逆流を防ぎ、タービンブレードを保護するシステムがブローオフバルブです。逆流現象はスロットルバルブを開いた状態から閉じた状態へ変化させる時に多く発生します。圧縮された空気がターボチャージャーまで逆流する現象によって引き起こされる、バックタービンの圧力を逃がすことでスムーズに再加速することができます。そのための装置がブローオフバルブで、開放した空気を再循環するタイプと、車外へ開放するタイプがあります。

最近の投稿