» 未分類のブログ記事

リヤタイヤハウスからの走行音がうるさい?

| 未分類 |

ステーションワゴンはその使い勝手のよさから人気がありますが、リヤタイヤハウスから聞こえてくる走行音がうるさいという弱みがあると言われています。これは全てのステーションワゴンに当てはまるわけではありませんが、リヤタイヤハウスの位置が走行音に関係するためです。また、キャビンと荷室が同一空間にあるために、分離されているセダンタイプに比べると走行音が遮断されずに聞こえてしまうという面もあります。また、キャビンの空間が広いために音が響き、より走行音が大きく感じやすいというのもあるでしょう。
ステーションワゴンのそうした面はメーカー側も理解していますので、あらかじめ静音性を高めるための対策は各社で行われてはいますが、それでも走行音が気になるようであれば、静音性に優れたタイヤに履き替えるという手段もあります。タイヤから発生する音が気になるのであればこれで大半は解消されるはずですが、もし気になるのがギヤ周りやエンジンの音だった場合、吸音材を周囲に入れるなどの処置をする必要が出てきます。それぞれの車によって取るべき処置は変わってきますので、まずは販売店などの専門スタッフに相談してみることをおすすめします。

値段が高い|セダン比

| 未分類 |

ステーションワゴンは荷物をたくさん積むことができるという点で、非常に便利なクルマです。また、走りの点においても、セダンと同等のレベルを有しているので、不満なく快適です。むしろ、ワゴンにセダンよりもスポーティだったり、豪華な装備を装着して魅力を引き上げている場合も少なくありません。そのためにステーションワゴンは高い評価を受けることが多いです。

ステーションワゴンの弱みを挙げるとすれば、値段がセダンと比べると若干割高に設定されていることです。ルーフを大きくとったり、積載量が多くなることを想定したサスペンションの設定したり、さらには静粛性を向上させるためになど、セダンよりもコストがかかる場合が多いのです。ただ、高いといってもその差はわずかです。クルマによっては、同じ値段を設定している場合もあります。ステーションワゴンの機能性の高さを考えると、それほど気にならない価格差と言っても良いでしょう。また、リセールバリューもステーションワゴンのほうが高くなることが多いので、新車の価格差は売却するときに元を取ることができるか、あるいはおつりがくることでしょう。多少のデメリットがあったとしてもステーションワゴンは価値あるクルマです。

重量が重い・・・運動性が劣る可能性

| 未分類 |

自動車業界は、多くの革命と変貌を遂げていて数年前と比べると変わりました。かつては、排ガスが環境に大きな影響を及ぼすとして、業界全体で改善に取り組んできました。それらの各製造メーカーでは、次世代のエネルギーや次世代型の新しいエンジンを開発してきました。それらの努力の結果が、燃費の向上と環境への配慮とつながってきました。しかしながら、基本的な知識としてユーザーならば覚えておかなければならない知識があります。
それは、自動車の車両総重量です。この重量は、大きさや乗ることができる人数で大きく変わりますが、実は運動性能にも大きく関係していることを知っておかなければなりません。
自動車は、走って曲がって止まるという動きをしますが、運動性能という観点から見ると「物を動かしたり止めるには軽いほうが優れている」ということです。その一方で、乗り心地や走行の安定性については重いほうが有利です。
この重量の関係は、その他にも燃費にも大きく関与してきます。
たとえば軽いと加速しやすいが失速もしやすく、路面の凹凸やうねりによる乗り心地の悪さ、軽いために風に煽られやすいなど、軽いことにもメリットばかりではありません。
これらのことから重量が重いことが逆に運動性の悪さがわかるはずです。それらのバランスが優れている自動車の開発が今後の業界の課題といえます。

ステーションワゴンの弱み

| 未分類 |

近年のステーションワゴンは見た目についてファッション性が高くなってきていますが、その一方でデメリットもあります。それは着目点を人にするのか積荷にするのかで変わってきます。ステーションワゴンはバンの荷室部分をシートに置き換えることで乗員数を増やした車になりますので、人を運ぶことに重点をおいています。そうなれば、たくさんの荷物を運びたいと考えている人にとってはバンに比べて積載性が劣るというデメリットがあります。またセダンと比較した場合に、静粛性や走行安定性が落ちるという難点があります。静粛性で言いますと、ステーションワゴンが空荷の場合、ロードノイズなどが荷室から進入してきて、決して静かだとは感じられません。次に走行安定性ですが、特にステーションワゴンが荷物を積んでいる場合は、後方が重たく感じ、実際、滑りやすい路面では振られることがあります。更に、後方の視界が良くないため、バック走行が困難となる場合もあります。あまりにも後方の視界が悪ければ、バックカメラを装着して対応したほうが良いと思います。ここまで幾つかのデメリットを挙げてきましたが、これらの弱みを納得できれば、ステーションワゴンはカーライフをより豊かにしてくれます。

抜群の使い勝手

| 未分類 |

ステーションワゴンの特色は何といっても使い勝手のよさです。社内が広いだけでなく、トランクルームの広さも特徴で、多くの荷物が積めるのが特徴です。ちょっとした家具や自転車なども楽々詰めて、旅行などにもぴったりなのがポイントです。レジャーにも最適で、マリンスポーツのためにサーフボードを積み込む人もいます。
積載量は非常に多い割に、軽トラックなどよりも無骨さがなく、スポーティーな印象を受けるのも魅力です。街中で走り回るには小回りも重要で、あまり大型になっていも困る事があるものです。また、高さがあるとトンネルなどを抜けた際や、橋梁を渡る際に横風の影響を受けやすいのが気になると言う人も意外に多くいます。
ちょっとした山道であったり、少し北の方の地方であればトンネルを抜けた途端に氷が張っていて、風の影響もあると横滑りなどもし易く、事故の原因となってしまう事もあるのです。場所やシーンを選ばずに使える事は非常に重要で、その汎用性の高さ、使い勝手の良さが魅了なのです。最近はスポーティーなモデルやラインにこだわったステーションワゴンも出てきています。
選択肢が多い事も魅力であり、過去モデルも含めて雰囲気にこだわれるのもプラスです。

優れた乗り心地

| 未分類 |

ステーションワゴンは、ベーシックな形であるセダンに近いため走行安定性や静音性に優れており、乗り心地が良いです。それに加えて、荷物をたくさん載せられるという特徴もあります。最近人気のSUVと比べると車高が低めのため、特に女性にとっては乗り降りが楽に感じられるでしょう。バランスよくいろいろな面でのメリットを提供してくれるため、オールラウンドプレイヤーと言っても過言ではないでしょう。
すべての機能に気が配られているため、これといった欠点が見つかりません。落ち着いた雰囲気で高級感を感じさせるデザインのものが多く、運転しているだけでも優雅な気持ちになれます。それでいて、ワゴンのいう名のとおり空間の広さがポイントで、驚くほど荷物を積むことができます。後部座席を倒して使うことで、より長さのある荷物などにも対応できます。ミニバンでは大きすぎて運転が難しいという人でも、ステーションワゴンならば取り回しが楽なので気負わずに運転できるでしょう。荷物をたくさん積めるだけではなく、後部座席に座る場合でも必要なゆとりが確保されているので、ゆったりとした快適なドライブを楽しむことができます。メーカーごとにこだわりのポイントが異なるため、まずは乗って確かめてみることをおすすめします。

リアシートを折りたたもう!長尺の物も積載OK

| 未分類 |

ステーションワゴンの強みとしては、やはり積載量の多さも大きなものになっています。
通常のシート構成のままであればそういった事を感じないかもしれないですが、リアシートを折りたたむことで一気に変わってくるのです。
リアシートを折りたたむということは、後方の車内空間全てが積載空間となります。
つまり、それだけ積載量が増えるということになるので、ノーマルのままでは積めなかったものまで積めるようになるのです。
特に重宝するようになることとしては、長さのあるものを積めるということです。
長さのあるものは普通のセダンなどではかなり厳しいですし、かと言って軽トラなどはなかなか個人では所有しにくいものです。
しかし、ステーションワゴンのリアシートを折りたためば長尺の物でも余裕で積めるようになるのです。
これ活かすことで、夏休みなどに子供連れで海や山などにキャンプに行くときなども色々な道具を運べるようになりますし、非常に便利になります。
それこそ、リアシートを折りたたむことで広い空間になるので、そこで眠ったりすることもできるのでステーションワゴンに色々な荷物を積んで旅に出たりするなど様々な選択肢が増えることにも繋がります。

荷物も積載性能が高いんです

| 未分類 |

ステーションワゴンとは、セダンのように独立したトランクを持っていない、2ボックス形状のクルマのことを言います。後部座席と一続きになって荷室スペースを備えているのが特徴で、セダンはもちろんのこと、ハッチバックと比べても積載性能がより高くなっています。外観の魅力はルーフがリアエンドまで伸びているので、ハッチバックのように寸胴ではなく、伸びやかな印象があることです。

また、ステーションワゴンは積載性能だけを重視した機能第一主義のクルマではありません。1990年代にワゴンブームが到来したとき、ユーザーは積載性能プラスアルファを求め、その結果多くのスポーツワゴンも登場しました。国産車を代表するステーションワゴンといえば、スバル・レガシィです。スバルが得意とするハイパワー水平対向エンジンを搭載し、優れた4WDシステムを組み合わせたその走りは、スポーツカー顔負けでした。

このようにステーションワゴンの魅力は、荷物をたくさん積むことができ、かつドライブも楽しいという点にあります。セダンと比べると、価格が若干割高になることや、騒音面でやや不利になる点を除けば、クルマとしての総合性能が
高く、リセールバリューも期待できるのでおすすめです。

ステーションワゴンの強み

| 未分類 |

ステーションワゴンとはセダンタイプと少し似ていますが、セダンのトランク分部の上部まで室内と一体型となっている車両を指します。ステーションワゴンの最大のメリットは荷物の積載力が高いと言うこと。セダンに比べてトランクスペースが大きいため、大きな荷物でも簡単に積載できます。また、室内と一体型になっているため、後部座席や助手席を倒せばトランクスペース以上の荷物を積載することも可能です。積載スペースと室内が一体型となっているため、荷物を取り出したい時でもわざわざ一度留まり、降りてトランクから荷物を取り出す、といった面倒なことをしなくて済みます。室内からトランクルームへ直接手を伸ばすことができるのです。ですが、トランクスペースと室内が一体となっているメリットがデメリットとなってしまう場合もあります。トランクルームが一体型となっていると言うことはそれだけ室内が広いため、音も反響しやすくなります。音とはカーオーディオだけではありません。走行中に発生するロードノイズはもちろん、積載している荷物が段差で弾んだときなどに発生する音も反響してしまうのがデメリットと言えるでしょう。ステーションワゴンの購入を検討しているのであればそういった点もしっかりと把握しておきましょう。

ステーションワゴンの歴史は古く、欧米での旅行を含む人の移動がまだ鉄道に依存していた時代、駅(ステーション)に到着した人と荷物を目的地まで届けるという意味でこの名前が付けられました。
ステーションワゴンは3ボックスセダンの屋根を後ろまで広げて、トランク部を大きな荷室として収容能力を高めたものを言い、3か5ナンバーになります。似たような形状の車にライトバンがありますが、こちらはピックアップトラックの荷台に屋根を付けたもので、こちらは商用として1か4ナンバーに分類されます。
ステーションワゴンの大きな特徴はその収容能力です。シートをすべて倒せばフルフラットになって大きな荷物や長尺ものも積載することができ、ロングドライブの際には足をのばして仮眠をとることも楽にできます。ユーティリティに富んだ使い方ができますので、以前はスキーやサーフィン、または釣りなどのアウトドアスポーツとともに移動や仮眠ができるなど使い方が多彩にできるということと、サイズがセダンとほとんど変わらないことで人気が高まりました。荷室の収容能力の高さに加えて、走りの質はセダンと同等かそれ以上という特徴が受け入れられた要因といえます。ライトバンとほぼ変わらないスタイルとレジャー需要の下火から、残念ながら近年はモデル数も減少しています。

最近の投稿