幅広く有意義な補償内容とは?

| 未分類 |

自動車保険の内、加入が個人の意思に任せられている任意保険は、補償内容が多岐にわたっているのが特徴です。そのため、自動車を運転するに際して発生しうる不安に対して、より幅広い備えを用意することができます。搭乗者傷害保険もそうした契約のひとつです。搭乗者とは、保険に加入している自動車に乗っている人すべてを意味しています。ですから運転手は勿論のこと、その同乗者も含まれています。そうした人たちに対する人的損害に対して補償してくれるのが、この搭乗者傷害保険です。しかし自動車保険には、人身傷害と呼ばれる保険もあります。これもやはり、運転手や同乗者に発生した人的損害をカバーする保険です。では、この保険は一緒なのではないかと思われる方もいるかもしれません。しかしこのふたつの間には、支払われる保険金の計算方法の違いが存在しています。人身傷害保険は、保険金額を上限とした実際の損害額、治療費は勿論のこと、休業中の収入減や精神的損害、更には後遺障害が発生した場合の逸失利益などの金額が、保険会社の基準によって算出され支払われます。対して搭乗者傷害保険は、入院、通院日数や後遺障害の程度に応じて、あらかじめ契約で決められている金額が支払われます。ですから搭乗者傷害保険は、人身傷害保険の上乗せをする補償であると解釈することができ、補償内容をより手厚く、有意義にしてくれるものだと言うことができます。

最近の投稿