車購入時に必要なこと

| 未分類 |

車購入時に必要なのは幾つかの手続きです。車の販売会社へ赴き、購入したい車を決定したら書類にサインと捺印を行います。登録車の場合には陸運支局へ、軽自動車なら軽自動車協会へ行きます。そこで書類と印鑑証明か住民票を渡してナンバープレートを取得します。

 

この一連の作業は自分で行うのが面倒なので、販売会社が代わりに行ってくれます。その時に販売会社へ代理を頼むためには委任状が必要になります。さらに登録車の場合には車庫証明も必要です。登録車は車庫証明がなければ登録ができませんが、軽自動車の車庫証明は登録後に行います。この作業も自分で警察やガレージ協会に行って届け出るのが面倒なので、販売会社に依頼して済ませておく方が楽です。また必ず行うことになるのが任意保険への加入です。任意保険への加入と支払いは、納車日までに済ませておく必要があります。papa01_lもし納車日に任意保険に加入していなければ、事故を起こした時に保険が使えませんので先に済ませる必要があるのです。車の購入時には注文通りのものが納車されているか、もし途中でキャンセルした場合にはどのような対処をしてくれるのか、中古車の場合には走行距離や修理歴などが間違っていないかをチェックします。

最近の投稿