意外と見落としがちな保証の有無

| 未分類 |

中古車を購入するにあたって、チェックすべきポイントはいくつかありますが、意外と保証の有無に関しては見落としがちです。家電製品と同じように、車にも保証があります。一般的には走行距離が少なく、年式が新しい車は程度が良いと判断できます。しかし、前のユーザーの使い方によっては、そうではないケースも多々あります。急な坂道を何度も走っていたり、事故歴があれば、新しいものでも程度が悪い場合があります。

 

pet03_lすぐに消耗品の交換が必要になるかもしれません。しかし、そのようなことを購入前に見抜くことは極めて難しいでしょう。よほどの目利きでなければできないことです。したがって、保証が付いているかどうかをチェックするべきなのです。そうすれば、車の状態を細かく把握できなくても安心して買うことができます。そして、よほどの低価格で売られていない限りは、最低でも1年は保証があった方が良いでしょう。1年も使えないようでは、高い買い物になってしまいます。あとは車検の残り期間がどのくらいであるのか、今まで何人のユーザーがいたのかもチェックポイントです。それらに見合った保証期間を総合的に判断して、損をしない中古車の購入をしましょう。

最近の投稿