医療保険金という補償内容とは?

| 未分類 |

搭乗者傷害保険というのは、契約をした自動車に搭乗していた人が、交通事故によって死傷した場合に、その損害に応じて保険金が支払われるという自動車保のことを指しています。搭乗者傷害保険で支払われる保険金としては、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金などのいくつかの種類があります。そのなかの医療保険金というのは、事故によって搭乗者がケガをしてしまった場合に、その治療にあてるために支払われる、もっとも基本となる保険金のことです。一般的な自動車保険であれば、治療費、入院費、通院のための交通費、診断書などの文書料といった、じっさいに医療関連にかかった費用が保険金として支払われるというのが原則となりますが、搭乗者傷害保険の場合には、かなり独自の方法で保険金の金額が決定されることになります。たとえば、頭や上肢、下肢、顔面などといったケガの部位と、骨折、打撲、内出血などのケガの症状ごとに、あらかじめ数万円から数十万円といった保険金の金額が決められており、事故が発生したときには、じっさいのケガにあわせて支払いが行われるのです。したがって、場合によっては実費相当よりも少なくなる可能性がないわけではありませんが、請求してから速やかに支払いをしてもらえるというメリットもあります。

最近の投稿