過失割合が100%でも保険金がおりる

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、保険に入っている車に乗った搭乗者が事故によりケガや死亡してしまった場合に補償してくれるもののことです。事故の過失割合に関係なく保険金を受け取ることができることがこの保険の特徴の一つです。搭乗者にはドライバーをはじめ、助手席や後部座席などに乗っているすべての人が含まれます。仮に自分に過失がなかった場合の事故でも搭乗者がケガや死亡した場合は補償の対象となります。加えて保険を請求しても等級が下がらないという特徴も持っています。請求した場合は比較的簡単に保険金が支払われると言われています。また、搭乗者傷害保険は自賠責保険や各種傷害保険、加害者からの損害賠償金などには関係せずに支払われます。そのため、相手側の保険で自分の治療費をまかなえる場合などに自分の保険を使わないという人もいますが、搭乗者傷害保険に加入している場合は積極的に請求することが推奨されています。
搭乗者傷害保険には二つの支払い方法があります。日数払いと部位症状別払いの二種類です。日数払いは入院や通院にかかった日数分の保険金が支払われる方法です。ここでカウントされる日数とは、平常の生活や業務に従事できる程度に回復できるまでの期間を指します。部位症状別払いは、あらかじめ部位や症状ごとに設定された金額が支払われるものです。事故や被害の大きさなどによって適した支払方法は異なるため、契約時によく確認しておくことが大切です。

最近の投稿