ここをチェック!車の故障をいち早く発見しよう

| 未分類 |

車の故障をいち早く発見するためには、その前兆や症状を事前に知っておくことが大切です。出やすい前兆として挙げられるのは異臭や音の変化です。アクセルを踏んだ時の感触やブレーキの利き具合に変化がないか、日ごろから気に留めておくことも大切です。
音の変化を確認しながらも放置した場合、タイミングベルトが切れてしまったりオルタネーターの発電ができなくなるなどの事態に陥ることも考えられます。これらが起こってしまうと走行不能となるので注意が必要です。
甘酸っぱい異臭がする場合では、冷却水が漏れてしまっていることが多いです。漏れていると考えられる箇所は多く存在するため、異臭に気付いたら早めに修理工場やディーラーに相談すると良いと言えます。一般的にはラジエターからラジエターホース、そしてエンジンの内部を回って戻ってくるラインのうちのどこかから漏れるとされています。特にラジエターは使用年数を重ねるにつれ割れる危険性が高くなります。緑色に変化している場合は劣化が進んでいる証拠なので一度チェックしてもらうことが勧められます。割れて冷却水が漏れ出てしまった場合、走行不能に陥る可能性も考えられるので、異常を感じたらすぐに対処することが求められます。テクノロジー03 テクノロジー04

最近の投稿