後遺障害保険金という補償内容とは?

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に乗っている人が、自動車事故によって死亡、後遺障害または死亡という被害をこうむっててしまった場合について、あらかじめ決められた金額の保険金が受け取れるという自動車保険の一種です。ケガの場合であれば、通常は入院や通院の日数に応じて、またはケガをした身体の部位と症状に応じて、それぞれ一律の金額が決められていますので、その金額がすみやかに医療保険金として支払われ、当座の生活費や医療費などに充てることができるようになっています。これらの保険金は対人賠償保険、人身傷害保険などの他の保険金とは別に支払われるため、いざというときに備えた保険金の金額の上乗せ的な意味合いで加入することが多いようです。搭乗者傷害保険の医療保険金は、あくまでもケガそのものに注目した保険金といえますが、実際にはケガの治療が終わっても、身体に何らかの障害が残ってしまったということもありえます。そうした場合に支払われるのが、後遺障害保険金とよばれる保険金です。発生日からその日を含めて計算して180日以内に後遺障害が生じた場合というのが定義ですが、これに該当する場合には、状況に応じて保険金額の一部または全部が支払われるというものです。

最近の投稿