車の用語:足まわりとは

| 未分類 |

車の足まわりは、人間の足腰と同じで車の中でもとても大切な部分です。走行距離が多くなるにつれて消耗していく部分で、サスペンション周りの部品を指す場合に使われることが多い言葉です。サスペンションのほかに、ブレーキやジョイント部分などを指し、走行中の衝撃を吸収したりスムーズに走るための大切な役割を担っています。車を長年使用していたり、中古車を使っている場合には足まわりに異常が発生する可能性があります。故障直前になると走行中、きしんだ音がしたり高い音が出ます。この場合は点検を行い対処する必要があり、どのような状態で異音が発生しているのかやドライブ中の違和感によって、原因箇所が異なってきます。足まわりの故障の例として、例えばきしんだ音がする場合、サスペンションサポートに異常がある可能性があります。この部分が壊れていると、ハンドルのすえ切りや段差の走行で異音が発生することがあり、硬化や劣化がみられるのが特徴です。組付け不良の場合は組み直しをすることで対応が可能で、劣化しているならば交換することで対処します。交換する際には、劣化の状態にもよりますがサスペンションごと交換したほうがいいこともあります。

最近の投稿