車の用語:ガソリン漏れとは

| 未分類 |

車の液漏れが発生した場合、漏れている液体の種類や、漏れている場所によって対策が異なります。中でもガソリン漏れなど、燃料自体が漏れている場合は、強い臭気が発生することから、比較的容易に発見することができます。漏れている場所は燃料タンクということになりますから、燃料ホースの破損、もしくはガソリンのタンクや燃料をエンジンに送るパイプ等の損傷が考えられます。
ガソリン漏れの場合、爆発が発生する可能性があり、非常に危険です。近寄って無理に原因を調べようとせず、車を購入した販売店などに救援を頼みましょう。車から強い臭気の発生する液体が漏れていると感じた場合には、エンジンをかけないことが有効です。ただ、単に給油口をしっかりと閉められていないだけという可能性も考えられますので、ガソリン臭が給油後にするようであるならば、キャップの閉め忘れを確認しておきましょう。セルフ形式での給油所を利用する場合は、とくに注意が必要です。
車内を閉め切っているのに、異臭が漂う場合があります。排気ガスの臭いがする場合には、マフラーの穴開きや亀裂などを通して排気が漏れ、室内に入り込んでいるといった可能性が考えられますので、エンジンをすぐに止めましょう。
異常な液漏れを起きにくくするには、やはり定期点検を忘れずに受けることが大切です。

最近の投稿