荷物も積載性能が高いんです

| 未分類 |

ステーションワゴンとは、セダンのように独立したトランクを持っていない、2ボックス形状のクルマのことを言います。後部座席と一続きになって荷室スペースを備えているのが特徴で、セダンはもちろんのこと、ハッチバックと比べても積載性能がより高くなっています。外観の魅力はルーフがリアエンドまで伸びているので、ハッチバックのように寸胴ではなく、伸びやかな印象があることです。

また、ステーションワゴンは積載性能だけを重視した機能第一主義のクルマではありません。1990年代にワゴンブームが到来したとき、ユーザーは積載性能プラスアルファを求め、その結果多くのスポーツワゴンも登場しました。国産車を代表するステーションワゴンといえば、スバル・レガシィです。スバルが得意とするハイパワー水平対向エンジンを搭載し、優れた4WDシステムを組み合わせたその走りは、スポーツカー顔負けでした。

このようにステーションワゴンの魅力は、荷物をたくさん積むことができ、かつドライブも楽しいという点にあります。セダンと比べると、価格が若干割高になることや、騒音面でやや不利になる点を除けば、クルマとしての総合性能が
高く、リセールバリューも期待できるのでおすすめです。

最近の投稿