リアシートを折りたたもう!長尺の物も積載OK

| 未分類 |

ステーションワゴンの強みとしては、やはり積載量の多さも大きなものになっています。
通常のシート構成のままであればそういった事を感じないかもしれないですが、リアシートを折りたたむことで一気に変わってくるのです。
リアシートを折りたたむということは、後方の車内空間全てが積載空間となります。
つまり、それだけ積載量が増えるということになるので、ノーマルのままでは積めなかったものまで積めるようになるのです。
特に重宝するようになることとしては、長さのあるものを積めるということです。
長さのあるものは普通のセダンなどではかなり厳しいですし、かと言って軽トラなどはなかなか個人では所有しにくいものです。
しかし、ステーションワゴンのリアシートを折りたためば長尺の物でも余裕で積めるようになるのです。
これ活かすことで、夏休みなどに子供連れで海や山などにキャンプに行くときなども色々な道具を運べるようになりますし、非常に便利になります。
それこそ、リアシートを折りたたむことで広い空間になるので、そこで眠ったりすることもできるのでステーションワゴンに色々な荷物を積んで旅に出たりするなど様々な選択肢が増えることにも繋がります。

最近の投稿