死亡やケガを定額補償する特徴について

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約中の自動車に搭乗している人が、交通事故によって死亡またはケガをしてしまった場合について、一定の金額の保険金が支払われるというタイプの保険を指しています。この搭乗者傷害保険には、いくつか他のタイプの保険にはみられないような特徴があります。たとえば、ふつうであれば、交通事故の当事者の過失割合を決めた上で、契約者側の過失にあたる部分は保険金から差し引かれてしまうことになっていますが、この搭乗者傷害保険の場合には、過失割合にかかわらない定額補償となっていますので、あらかじめいくら支払われるのかがわかりやすくなっています。また、保険金を算定する方法についても独特で、ケガをした身体の部位や症状によって、保険金の金額も一律に決まっています。たとえば、部位が手首であって、症状がねんざの場合であれば、部位と症状を縦横の表にまとめたものから保険金の金額を読み取るというかたちになります。このように、搭乗者傷害保険は定額補償の原則が徹底されていて、きわめてシンプルに保険金の金額が決まるようになっていることから、その支払いについても、示談を待たなければ支払いがないふつうの保険とは違って、請求後迅速に支払われることになります。

最近の投稿