試乗して見るべきポイント

| 未分類 |

車の販売店に行って、気に入った車があった場合、外観をチェックしたり、シートに座ったときの室内の感じ、運転席の見やすさなど、チェックすることが多いでしょう。
しかし、外や中から単に見るだけでは、その車の性能、欠点などがわからないことも多いです。そこで、この車に試乗できるかどうか、お店の人に確認してみることをおすすめします。pet02_l

試乗ができる場合、チェックすべきポイントがいくつかあります。まず、車の心臓部とも言えるエンジン状態です。といっても、ボンネットを開けてエンジン自体をチェックする、というのではありません。車を走らせているときの音や加速等をよく感じ取りましょう。
例えば、車の一定走行時のエンジン音です。また、アクセルを踏み込んだときの車の加速の速さもチェックしましょう。低速時のエンジントルクが低いと、アクセルを踏んでもなかなか速度が上がらない感じがします。
また、試乗では難しい場合も多いかもしれませんが、高速走行時に軽く軽快に走行できるかどうか(高速走行性)もチェックできるといいですね。
また、エンジンだけでなく、ハンドルを操作したときの、足回りの軽さも重要です。ハンドルを回したときに、テンポ良く車輪が左右に動くのが望ましいです。

最近の投稿