車両型式と主要諸元表

| 未分類 |

車両型式というのは、車のコードネームであり同じ車でも型式によって分けられています。車両型式テクノロジー09は、車検証にも記載されており、グレードわけとは違った分け方がされています。通常、英数字とハイフン(-)で表されます。最も有名なところでは、マツダRX-7のFD3SとかFC3S(更に略してFD、FC)、日産スカイラインのBNR32やBCNR33(更に略して32、33)であり、スポーツカー乗りにとって車の名前で呼称するよりも型式で呼称する方がピンと来ることがあります。主要諸元表は、いわば車のプロフィールです。大きく分けて、車両型式、駆動方式、乗車定員、寸法、重量、エンジン、トランスミッション、走行装置(ステアリング、サスペンション、ブレーキ)のプロフィールが記載されており、ハイブリッド車の場合は更にモーター、動力用電池の諸元が記載されています。寸法に関しては、全長、全幅、全高の基本スペックに加え、ホイールベース長、トレッド長も記載されています。エンジンに関しては、排気量、最高出力、最大トルクといった基本スペックに加え、ボア×ストローク、圧縮比も記載されていますし、トランスミッションに関しては、減速比も記載されています。車を購入する際、グレードの違いによる寸法の違いやエンジン性能の違いをチェックするために有効であり、装備に関してはまた別の諸元表が用意されています。

最近の投稿