等級に影響しない補償内容とは?

| 未分類 |

自動車保険は自動車に関連した万が一の事故の際に損害を補償する保険です。非常に大きな事故をしてしまった際に個人では支えきることの出来ない大きな負担を支えてくれるのが保健の役割です。しかし一般的に保険を使用して保証を受けると、等級と呼ばれるものに影響を及ぼす仕組みになっています。そのため保険金の支払い請求を行うと等級が上がり、毎年の保険料が高くなる方向に補正される仕組みになっているのです。
その様な毎年の保険料に影響しない保険金の種類と言うものも存在しています。例えば飛び石によるフロントガラス等のひび割れの対応等は保険会社によっては等級を下げずに修理することが出来ます。他にも搭乗者傷害保険については例え保険金を請求したとしても等級の引き下げが行われることの無い仕組みになっているという特徴があります。そのため安心して保険請求を行うことが出来るのです。一般の自動車事故における物損等は等級が1~3引き下げられる仕組みになっていることが珍しくありません。そのため損害の額によっては自動車保険の請求を行わない方がメリットがあるというケースが発生します。一般的には軽微な事故が該当する傾向にあり、しっかりと検討して保険の申請を行うかどうかを決めるのが良いでしょう。

最近の投稿