搭乗者傷害保険に加入するメリットとは

| 未分類 |

搭乗者傷害保険は、契約車両に搭乗した人が交通事故によって怪我した場合に、保険金が支払われる保険です。その搭乗者傷害保険に加入することによって得られるメリットは、怪我の症状が確定した時点で支払われ、他の人身傷害保険や無保険車保険、相手方から損害賠償金などを受け取っても独立して保険金を受け取ることが出来ることです。

特に同じ様な種類の保険には人身傷害保険が存在しますが、その保険の内容は実損額が基準となりますので、それを怪我の治療が終了した時点まで待たなければなりません。搭乗者傷害保険では入通院日数が5日以上となった時点で、治療中であっても症状別に定額もしくは日数払いで10~100万円の保険金が支払われるとするものです。

そのため、搭乗者傷害保険の方が被害者にとっても早く保険金が支払われるメリットがあります。ちなみに4日以内の入通院であれば1万円の保険金が支払われます。

実際に加入して事故に遭遇した場合、保険金の支払われ方が事故発生日より180日以内に死亡すれば保険金全額が支払われ、180日以内に後遺症が生じれば後遺障害等級表を基に計算された保険金が支払われます。また医療保険金としては、保険会社によって日数払いか部位症状別のどちらかに分けられており、それに応じて保険金を受け取れる仕組みとなっています。

最近の投稿