搭乗者傷害保険を契約しておく必要性について

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、自動車に搭乗している人が事故により傷害を負ったり、死亡した場合に支払われる保険のことを言います。その保障内容は、入通院日数や後遺症を負った場合に、その箇所や程度などによって決められた金額が支払われることとなり、短期間で支払いを可能とする保険です。

一方では、同じ様な保険を内容とする自動車保険には人身傷害保険もあります。人身傷害保険では保険金額を上限として実損害の額を算定し、それに応じて支払われる保険です。

このため治療費や仕事を休んで休業した分、精神的損害、逸失利益までの幅広い損害なども含めて補償される特徴があります。よって人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、場合によっては重複して補償を受ける形となるため、保険会社によっては人身傷害保険のみのケースも見られます。

仮に二つの保険が存在する場合には、人身傷害保険をより手厚く補償し、より上乗せされる保険が搭乗者傷害保険であると言う事が出来ます。人身傷害保険は当然、一緒に搭乗している人の怪我などに対しても補償してくれ、また搭乗者傷害保険は運転している本人に対しても補償を受けることが出来ます。

共に契約している自動車に乗っている人は全員補償される共通点もありますが、より手厚く迅速に補償を受けたい場合に適しているのが搭乗者傷害保険です。

最近の投稿