自賠責保険が支払い済でも補償される

| 未分類 |

搭乗者傷害保険とは、交通事故が発生した際、運転手を含む搭乗者が負傷または死亡した場合、保険金が支払われる保険です。この保険は対人賠償保険とは性質が違うものとなっています。この搭乗者傷害保険は基本的に加害者から支払われる損害賠償金とは関係なく支払われます。加害者が自賠責保険を利用して、自賠責保険から保険料が支払い済みだったとしても、搭乗者傷害保険による補償は受けることが可能となっています。また、この搭乗者傷害保険金を請求したとしても、自動車保険の等級は下がりません。ですから、等級が下がることによる月々の保険金の変動を気にすることなく請求をすることが可能となっています。しかし、発生した事故全てに適用されるわけではありません。飲酒や薬物中毒によって起こった事故、無免許運転による事故などの場合では、この搭乗者傷害保険による保険金は支払われないことになっています。搭乗者傷害保険は、自動車保険に加入する際に付帯しなければなりません。もちろん、付帯によって月々の保険料負担が増額することになりますが、万が一の事故のことを考えると、その負担以上にメリットが発生しますので、是非とも付帯しておくべき保険であると言えます。

最近の投稿