重量が重い・・・運動性が劣る可能性

| 未分類 |

自動車業界は、多くの革命と変貌を遂げていて数年前と比べると変わりました。かつては、排ガスが環境に大きな影響を及ぼすとして、業界全体で改善に取り組んできました。それらの各製造メーカーでは、次世代のエネルギーや次世代型の新しいエンジンを開発してきました。それらの努力の結果が、燃費の向上と環境への配慮とつながってきました。しかしながら、基本的な知識としてユーザーならば覚えておかなければならない知識があります。
それは、自動車の車両総重量です。この重量は、大きさや乗ることができる人数で大きく変わりますが、実は運動性能にも大きく関係していることを知っておかなければなりません。
自動車は、走って曲がって止まるという動きをしますが、運動性能という観点から見ると「物を動かしたり止めるには軽いほうが優れている」ということです。その一方で、乗り心地や走行の安定性については重いほうが有利です。
この重量の関係は、その他にも燃費にも大きく関与してきます。
たとえば軽いと加速しやすいが失速もしやすく、路面の凹凸やうねりによる乗り心地の悪さ、軽いために風に煽られやすいなど、軽いことにもメリットばかりではありません。
これらのことから重量が重いことが逆に運動性の悪さがわかるはずです。それらのバランスが優れている自動車の開発が今後の業界の課題といえます。

最近の投稿